東大生の本の読み方って?『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』

読書レビュー

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

どうやって本を読んでいますか?

内容は、ちゃんと頭に入っていますか?

今回は、東大生の読書方法が学べる本について紹介します。

 

 

 

著者はどんな人?

西岡壱誠さん

現役東大生 偏差値35から2浪を経て東大合格

「ドラゴン桜2 東大生プロジェクトチーム『東龍門』」のプロジェクトリーダー

 

どんな人が読むといい?

・読んだ本の内容をすぐに忘れてしまう人

・どんな本を選んだらいいかわからない人

・「読み込む力」と「地頭力」を身につけたい人

 

本の内容は?

読書で身につく能力

・読解力

・論理的思考力

・要約力

・客観的思考力

・応用力

 

読書のための3つのプロセス

1.本を読む前に準備すること

タイトルや帯、目次など本の外には多くの情報があります。これらを上手に使い、最初に「著者は何が言いたいのだろうか?」「最終的に自分は何が学べるか」を明確にすることでその後の文章が読みやすくなります。

2.能動的に読むこと

「読者」ではなく「記者」になることが大切で、著者に質問し、追求するすることで理解が深まります。

3.内容を要約すること

作者の主張とそれに付随する論拠や例示をはっきりさせることでどんな本でも一言で言い表すことができます。

そして、最後には東大生流の「読むべき本の探し方」が書かれています。

東大は「知識の量」を増やしても、最低限の知識をうまく「活用」できないと合格できない大学らしいのです。そんな東大生の「知識を増やす」勉強ではなく「考える力を身につける」勉強法を非常に細かく段階的に教えてくれます。

そしてそれは、決して先天的な能力ではなく、誰にでも鍛えることができます。

感想

読書に限らず文章を読むことはこれから先必ずやることなので1つくらいは読書法に関する本を読んでおいた方がいいと思います。

野球のルールを知らずに野球観戦に行くのは楽しさが半減しますし、なんか損した気分になりますよね。読書も同じでルールがあります。ルールを知ることで本からより多くのことを効率よく学ぶことができるのです。

なんでもルールは早めに知っておくべきだと思います。

『東大作文』という文章の書き方についての本も出しているだけあって非常に読みやすいです。もしかしたら内容がすらすら頭に入ってきたのは、読書法が身についたからではなく書き方のおかげかもしれません笑。

これから、本を読みながら実践していきますね。

アウトプットのためにブックレビュー書きたいけど、どうしても凝ってしまい時間がかかり過ぎて飽きてしまうので、初めのうちはこれくらいの分量で書きたいと思います。(ちなみに30分くらいで書き終えました)

ブログでのアウトプットを目標にインプットすると情報の入り方が変わったように感じました。

明日は東大生の文章の書き方について書かれている『東大作文』を書きますね。

 

アプリもリリースされたそうです。読書までもデジタル化する時代なんですね。

自分はブログでアウトプットしていこうと思います。

コメント