オンライン授業で大学3年生の僕が休学を決めた理由

おすすめ
大学生A
大学生A
コロナでオンラインになって課題が増えた!
自分の時間がない!
大学生B
大学生B
友達もいないし、一人で部屋で勉強してると鬱になりそう、、、

後期はじまるの嫌だなぁ

大学生C
大学生C

図書館も使えない、実験もできない、先生にも質問できない

大学に学費を払うのがもったいない!

 

大学生、本当に大変、、、

かく言う自分もその一人なので辛さはよくわかります。

そこで自分はこの度、休学することに決めました。

 

理由を一言でいうならば「オンライン授業を受けるより自分で勉強した方がコスパがいいと感じたから」です。これから詳しく書いていきたいと思います。

この記事を書いた理由
  • 今頑張っている大学生やその親御さんに「休学」という選択肢も考えてほしい
  • 自分の感情の整理
  • コロナ渦の大学生の現状を知らない人に知ってほしい

この文章は、自分と同じように休学をするか悩んでいる大学生に向けて書きました。

あくまでも現時点での自分の考えです。この答えがすべてではないので参考程度にお聞きください。(あと、一緒に休学する人は仲良くなりましょう)

Twitterアカウント→https://twitter.com/chargecharenge

 

自分のプロフィール
  • 今年、編入して東京の理系国立大学に通うことになった3年生(編入は、3年次にできる転校のようなもので、主に高専から来る人が多いです。)
  • 3年生なのに学校に一度も行ったことがない
  • 友達もSNS上でしかいませんし、教授の顔も分からない。

らっこ
らっこ
状況は今の大学新一年生と似ていますね。新一年生の悩みも痛いほどわかります。


休学するにあたって背中を押してくれた本です。

休学にどんなイメージがありますか?『休学を選んだ日本人』読書レビュー
この本は自分の休学に対する考え方を大きく変え、休学を決めるにあたって強く背中を押してくれた一冊です。休学を決めた19人の大学生の休学体験記、きっと勇気をもらえるはずです。

 

休学を決めた理由

      まず、休学を決めた理由についていくつかあげます。オンライン授業のデメリットも少し含まれています。

      学生と大人でギャップがある

        まず、一番言いたいのがこれです。オンライン授業に対して大人と学生で大きなギャップがあると感じました。

          これを読んでいるのが大学生ならわかると思いますが、オンライン授業は非常に課題が多く、自分の時間も作れません。

            でも、外から見ている大人はそうは思ってないように思います

              家で授業受けられるし、自分の時間たくさんあって楽でいいなぁ
              課題出すだけでテストがないのは楽に単位が手に入るチャンスじゃないか
              対面にしても遊ぶだけだろ

                もちろん全員ではなく一部なのですが、たまにこのような意見も見かけます。大学生の内情を知らない大人が多いからこそ後期が始まった今でも対面授業が開始されていません。

                    頑張っても実力がつかないどころか、世間から評価されないのは大学生にとって損しかありません。

                      (「コロナで頑張った大学生は初任給UP」という世界線ならいくらか楽なのですが、、、、

                        ↓ものすごく共感できました(リプ欄やばい人いっぱいます)

                          No Title

                          大学生は、いつまで我慢をすればいいのでしょうか。 #大学生の日常も大事だ pic.twitter.com/pxGW49nKdO

                            単位を取ることが目的に

                            これは、オンライン授業のデメリットですね。

                              自分は大学生活を経験していないので分からないのですが、地元の友達曰く、課題の量は10倍以上に増えたと言います。

                                人から課題を与えられるのは確かに楽ですが、自分のためになるかと言われたら話は別です。

                                このままだと自分で課題を設定する能力が落ちていくような気がします。日本の義務教育の悪いところを大学生になって再体験しているような気持ちです。

                                  前期をオンラインで過ごして、徐々に大学に来た目的やモチベーション、日常から学ぶ姿勢や創造性がなくなっていったように感じました。

                                  そして後期もこのままだと対面が戻った時、果たしてそれらが元に戻るのかが分かりません。

                                     

                                      オンラインになって気づいたのですが、課題やテストには正誤以外に友達や先生に褒められるという精神的な加点がありました。応用問題へのチャレンジ点や工夫点、ユーモア点などです。このような成績に現れない見えない点数は、個性を伸ばす要因にもなりえます。

                                       

                                        友達や環境から刺激がない

                                           自分が東京の大学に行った目的は、友達や先生との雑談から生まれるアイデア、環境から受ける刺激が自分を成長させてくれると思ったからです。

                                          大学とは学問だけでなく、社会性や協調性など多くのことを学ぶ場です。

                                            教科書に書いてある学問を学ぶだけなら通信大学か独学で十分と思います。このままだと学費が高い通信大学です。大学に入った当初の目的と大きく異なるため、学費に見合っていないと考えました。

                                                ↓通信高校、通信大学の内情は良く知りませんでしたが、この方の話をよく限り今の大学は非常に近い状態です。

                                                  No Title

                                                  大学生の日常も大事だ 「通信高校生が考えてみたこと」1/3 pic.twitter.com/TMQiBBlNoh

                                                     

                                                      社会と大学に振り回される

                                                        後期から、オンラインと対面が混ざる学校が増えると聞きました。ここで僕は最悪の想定をしてしまいました。

                                                          もし、対面を開始してもどこかの大学でクラスターが発生したら確実にオンラインに戻ることが予想されます。そして、先生たちは、いつオンラインに戻ってもいいように課題は前期と同じく多めに出します。

                                                            すると、課題が多いのに通学や授業で時間がなくなるという最悪の状態になるわけです。

                                                              と、これは現時点での最悪の想定ですので何がおこるか分かりませんが、後期も確実に大学に振り回されるのは間違いないでしょう。

                                                              でも、一年後に対面が開始される保証はないし
                                                              休学しても何も変わらない気が、、、、


                                                              もちろんそう言いたいのも分かります。もしかしたらコロナが何年か続くかもしれません。誰にも分かりません。

                                                                でも、休学は気休めや逃げではありません一年間、学生からフィードバックを得て改善を繰り返した大学は確実に今よりは良くなっていると言えるからです。(休学せずに頑張っている大学生にはぜひ学校を良くしてもらいたい)

                                                                学費を払って大学から課題をもらい、コロナに精神とエネルギーを使うなら、休学して変化する時代を客観視し、自分の力を蓄える方がためになると思いました。

                                                                時代の変化には必ずチャンスがあります。そんな中、コロナの感染者数と大学の対応に一喜一憂するのは時間の無駄だと考えました。

                                                                  それに、一番大事なのは身体と精神の健康です。鬱になりそうならすぐに休学しましょう。 

                                                                     

                                                                      独りだと力加減が分からない

                                                                        これはどちらかというと自分に当てはまることではなく、周りを見て感じたことです。

                                                                          オンラインだと周りが見えないので要領よく課題をこなすことが出来ません。先生としては5分くらいで軽く解く問題だと思っていても文章だけで空気感が分からないため生徒は真面目に考えてしまいます。

                                                                            友達のいない真面目に勉強している人ほど精神的に辛くなってくると思います。大学の空気感がわからない一年生は相当つらいと思います。

                                                                              自分もテストの有無や課題の重みさえも分からないので、とりあえず毎回出される課題を全力でやり遂げました。クラスの理解度も感じられないので、自分だけが理解していないのではないかという不安感が付きまといました。

                                                                                 

                                                                                  鬱になる可能性がある

                                                                                    友達もいないまま上京してきた大学新一年生がよく鬱になったという記事を見ます。これは、前期が大丈夫だったから後期も大丈夫という保証はありません。

                                                                                    これから冬(秋から冬にかけて季節性の鬱がある)にもなるし、後期は成績(一年生は学校によって類分けテストがある)のことも重くのしかかってきます。とても他人ごとのように感じてはいけないと思いました。休学は最悪を想定した上での戦略的撤退(留年という意味なら停滞)です。

                                                                                      大学生「もう限界!」、授業オンライン化の大混乱で孤独・睡眠不足・心身不調に

                                                                                      大学生「もう限界!」、授業オンライン化の大混乱で孤独・睡眠不足・心身不調に
                                                                                      コロナ禍に伴い、全国の大学で授業のオンライン化が急遽スタートした。だが、その移行過程で多くの学生から悲鳴が上がっている。アフターコロナに大学はどうなるのか。週刊ダイヤモンド公式Twitterアカウントに寄せられた大学生の叫びを聞いてほしい。
                                                                                      週刊ダイヤモンド

                                                                                        「#大学生の日常も大事だ」で検索してみてください

                                                                                          No Title

                                                                                          No Description

                                                                                             
                                                                                            らっこ
                                                                                            らっこ
                                                                                            ここから先は、三年生向けの話になってきます!
                                                                                            興味のない人は読み飛ばしてください! 


                                                                                              研究室の見学ができない

                                                                                                卒業研究は大学で学んだことの集大成であり、4年生の大半を研究室の仲間と先生と過ごすことになります。研究室との相性はものすごく大事です。(自分は高専で卒業研究を経験済み)

                                                                                                  しかし、現在、友達も教授の顔も知らず、研究室の場所さえも分かりません。先生に個別にメールすればオンラインで質問に答えてくれるらしいのですが、空気をつかみきれる自信がありませんし、そもそも来年研究ができる保証がありません。

                                                                                                    また、現在3年制の実験が満足に出来ないのもつらいです。実機実験が出来ないので、シミュレーションしかできていません。

                                                                                                       

                                                                                                        大学院の勉強ができない

                                                                                                          課題が多くて勉強時間が取れない上に、学校に入れないので先生に質問もできません。加えて、TOEICも抽選で満足に受けられないし、図書館を使うこともできません。数ページが読みたいがために専門書を買う余裕は大学生には有りません。

                                                                                                            もちろん他大学の研究室見学などできるはずもありません。

                                                                                                              こんな状況なので大学院も選考基準を変え、今年は特例としてTOEICなし、書類選考で合否を決める大学院もあるそうですが、実力のないまま合格しても果たしてその後やっていけるのかという不安も残りました。

                                                                                                                 

                                                                                                                  インターンに行けない

                                                                                                                    これは、大学だけの問題ではないです。

                                                                                                                      インターンを受け入れる会社が急激に減っています。学校推薦の会社も去年の半分以下になったと聞きました。

                                                                                                                        リモートで開催してくれる会社もあるにはあるのですが、それだと大学の課題が増えるのと大して変わらない気がします。

                                                                                                                          コロナでの感染防止でだけでなく、不景気や社員のリモートワークによって新規採用に時間をかけられないのでしょう。

                                                                                                                             

                                                                                                                               

                                                                                                                                休学のデメリット

                                                                                                                                  もちろんこれから休学するのであって休学体験記ではないため、完全に現時点での予想です。

                                                                                                                                    しかし、大きな決断をする上ではデメリット考えて行動に移す必要があるため、何度も考えました。

                                                                                                                                       

                                                                                                                                        学年が一つ下がる

                                                                                                                                          誰もが思いつくデメリットですね。自分の学校は浪人生もたくさんいるし、友達にも浪人が多いのでメンタル的には大丈夫だと思います。

                                                                                                                                            また、自分を含め大学一年生は、友達がいないため身軽です。逆にチャンスとも言えます。

                                                                                                                                              友達が0なのでこれ以上友達がいなくなることはありません。

                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                  社会に出るのが1年遅れる

                                                                                                                                                    よく留年や浪人した人に対して「定年時の年収を一年失うことになる」という人がいますが、休学は前向きだし、留年や浪人と違って1年がなかったことになるわけではありません。

                                                                                                                                                      いまの時代、就職さえ難しいし、就職しても定年までいられるか分かりません。それなら今、力を蓄えたことでもしかしたら生涯年収が増えるかもしれません。

                                                                                                                                                        パラレルワールドなんて経験できないのだから、結果は誰にも分からないのです。こんなことを言う大人がいてもありがたいアドバイスぐらいに受け取りたいと思います。

                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                            目標がなくてはいけない

                                                                                                                                                              おそらく、復学したあと、院試や就活の面接で事あるごとに「休学中何をしていましたか?」という質問が付きまとうことだとと思います

                                                                                                                                                                その質問に対する模範解答は、「TOEIC○○点取りました」、「ネットビジネスをしました」とか「長期インターンに行っていました」とか具体的に話せる成果。

                                                                                                                                                                  でも、個人的にはあまり気にしないつもりです。日本人は学校教育と学歴社会のせいで資格とか点数とかに縛られすぎだと思います。そうすると、人の目を気にしすぎて好きなことができなくなり、個性が失われていくような気がします。

                                                                                                                                                                    ”評価されるスキル”を身に着けるのではなく、休学中の経験を”上手く話すスキル”を身につけたいと思います。

                                                                                                                                                                         

                                                                                                                                                                          モチベが続かず遊んでしまうかも

                                                                                                                                                                            正直、これが一番のデメリットだと考えています。

                                                                                                                                                                              休学したら自分の所属するものがなくなり、誰からも評価されません。自分の好きな勉強ができる反面、先生から課題が出されることもないため自分で課題を設定しなければなりません。

                                                                                                                                                                                ちゃんと芯を持っていないと、もし休学を決めた時モチベーションがあっても、途中でだらけてしまう可能性は多分にあります。

                                                                                                                                                                                  しかし、今はコロナで自粛中です。せっかく東京に住んでいても、人が多いところには怖くていけませんし、そもそも遊ぶ友達がいません。例年の休学とはわけが違うのです。

                                                                                                                                                                                    皮肉なものですが、コロナのせいで休学するのにも関わらず、コロナのおかげで勉強せざるを得ない状況になるわけです。僕はこれを絶好の機会と捉えました。

                                                                                                                                                                                      (モチベーションを保つ方法も考えたので後述します。)

                                                                                                                                                                                        お金がかかる

                                                                                                                                                                                          当然ですが休学期間は生活費がかかります。国立は一律無料ですが、私立では休学費用がかかります。専門系など中には何十万もかかってしまうところもあります。

                                                                                                                                                                                            ですが、生活費くらいならバイトやインターンで何とかなると思います。(控除額の103万を超えない程度ですが)

                                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                                                                    後期の大学の対応予想

                                                                                                                                                                                                      この記事を書いている(2020/8/24)現在、自分の学校からは後期の予定について何も連絡はありません。(ちなみに自分は都内の国立大学です。)大学の対応が分からないので一応現在は、まだ休学届は出していません。

                                                                                                                                                                                                        基本的には前期通りオンライン授業が、場所によっては対面と遠隔のハイブリット式だろうと予想しています。

                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                            大学だけが再開されない理由

                                                                                                                                                                                                              まず、会社や(小中高)学校が業務を開始しているのに対してなぜ大学だけが対面授業が許されないのかこの理由について考えます。(あくまでも個人の考えです、専門家でも何でもないので。あしからず)

                                                                                                                                                                                                              • 大学生は経済を回していない

                                                                                                                                                                                                              もし、社会人をこれ以上自粛させると、国として経済的にダメージを負ってしまいますが、大学生は社会人ほど経済を回していないので、被害は少なく済みます。もちろん国の未来を担う人材ですが今は未来よりも現在の方が大切なのでしょう。

                                                                                                                                                                                                              • 親の負担がない

                                                                                                                                                                                                              もしも小中学生をオンライン授業にしてしまうと世話をする親に負担がかかるため結局は、経済活動を停滞させることにつながります。

                                                                                                                                                                                                                また、小中学生ではまだ一人で勉強をするという習慣がついていないため、人によって遅れがでてしまう恐れがあります。しかし、大学生であれば自分で判断し勉強できるため、中高生に比べ放っておいても大丈夫です。

                                                                                                                                                                                                                • 大学は人気商売

                                                                                                                                                                                                                大学は、中学や高校と比べて社会からの評価で大きなお金が動きます。もし、クラスターが発生し受験者数が減ると経営が大打撃を受けてしまうのです。

                                                                                                                                                                                                                  また、校舎が広く、人数も多いためクラスターが発生しやすく、発生した後の処理が難しいという側面もあると思います。

                                                                                                                                                                                                                    あとは東京オリンピックを視野に入れているかどうかも関わっていると思います。国はオリンピックのために少しでも感染者を少なくしたいのです。

                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                        コロナ自粛はいつまで続くのか

                                                                                                                                                                                                                          ちなみに、自分はこのコロナ渦は5年、10年のスパンではなく、長くてもあと2~3年ほどだと予想しています。

                                                                                                                                                                                                                            もちろん「オンライン授業やテレワークでの業務の成立」や「人口が集中することのリスク」に人々が気づいたことでの生活様式の変化は世界中で続くことは予想されますが、ここまでの外出自粛は長くは続かないと思います。(重ねて書きますがあくまで自分の考えです)

                                                                                                                                                                                                                              結局は、経済活動と天秤にかけ、恐れながらも共存していくのだと思います。

                                                                                                                                                                                                                                先日WHOは「ワクチンは永遠に開発されないかも」というニュース発表していました。

                                                                                                                                                                                                                                  [ジュネーブ 3日 ロイター] – 世界保健機関(WHO)は3日、新型コロナウイルスに対する完璧なワクチンという「特効薬」が開発されることは永久にない可能性があり、正常化への道のりは長いと述べた。一部の国は新型コロナ対策を改める必要があると指摘した。

                                                                                                                                                                                                                                  https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-idJPKCN24Z248

                                                                                                                                                                                                                                    以上のことから後期も確実にオンライン授業が継続されると自分は思います。また、東京の大学は地方よりさらに半年ほど長いと見積もっています。

                                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                                        休学のモチベーション維持方法

                                                                                                                                                                                                                                          前述したように休学の一番の敵はモチベーション低下です。

                                                                                                                                                                                                                                            勉強の内容に合わせて方法も変わるため、詳しくは自分のTwitterを追ってください。更新していきます。

                                                                                                                                                                                                                                              今考えている勉強方法はこんな感じです。

                                                                                                                                                                                                                                              • 目標の点数を設定する
                                                                                                                                                                                                                                              • ブログを書く
                                                                                                                                                                                                                                              • 友達に経過報告をする

                                                                                                                                                                                                                                              点数を目標にするのは一番オーソドックスな方法です。しかし、これは明確に点数がつけられるものしか使うことができません。(TOEICや検定など)

                                                                                                                                                                                                                                                なので、点数などで目に見えない成果をどのように感じるかが大事になってきます。

                                                                                                                                                                                                                                                  勉強は、自分の成果を感じられるとモチベを継続することができます。(ゲームは、攻略法があり、ステータスが数字として表れるため継続することができます。)

                                                                                                                                                                                                                                                    そこで、自分は読んだ本や勉強した内容をブログにまとめることに決めました。その他、ブログに書きずらいようなことは友達に成果報告することにしました。

                                                                                                                                                                                                                                                      そのほかにも興味のある業界のオンラインサロンやプログラミングスクールへの入会も検討中です。

                                                                                                                                                                                                                                                        休学する人是非一緒に頑張りましょう!

                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                            まとめ

                                                                                                                                                                                                                                                              今の自分の状況を考えると、休学に比べてこのまま後期オンライン授業を受けることはデメリットが多すぎると感じました。その結果、休学することにしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                休学は就職するときに評価が悪いのではないかと考える人もいると思います。(あまり大きな声では言えませんが)そう感じたなら経済的理由で休学したことにすればどうでしょう?しかたない感がでるし、同情してもらえます。

                                                                                                                                                                                                                                                                  それに、自分のスキルアップのための前向きな休学であったことをアピールできれば気にしなくてもいいと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                    オンライン授業で満足に学べず、留年してしまい、結果的に奨学金がもらえなくなって退学するという流れも珍しくないそうです。

                                                                                                                                                                                                                                                                      オンライン授業で一度も学校に行ったことのない大学一年生はさぞ辛いことだと思います。休学という選択肢も考えてみてください。僕も一日も早く学校が再開することを願っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                        このブログではこれから成長記録として使っていきます。共感してくれた人はTwitterをフォローして見守っていただけたらと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                                                                                                                              つらつらデメリットを書き連ね損得計算をしましたが結局は自分の性格が一番大きいと思います。(ここからほんの少し自分の話)

                                                                                                                                                                                                                                                                                まだ20年ちょっとしか生きてないのにこんなことを言うのはどうかと思いますが、自分は何かを得るために何かを犠牲にするという考えが嫌いです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                  100歩譲って来年から対面が開始される保証があるのならいいですが、後期のオンライン授業で時間とエネギーを犠牲にしても何も得られそうにありません。それなら今楽しい方を選んだ方がいいなと思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                    意味のない我慢を美徳ではなく誰かのポジショントークです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      ↓この本おすすめです。背中を押してくれました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                      休学にどんなイメージがありますか?『休学を選んだ日本人』読書レビュー
                                                                                                                                                                                                                                                                                      この本は自分の休学に対する考え方を大きく変え、休学を決めるにあたって強く背中を押してくれた一冊です。休学を決めた19人の大学生の休学体験記、きっと勇気をもらえるはずです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        コメント

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        1. […] […]

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        2. […] コロナで大学3年生の僕が休学を決めた理由 […]